2020年3月29日(日)セカンドライフ 人生安泰・富豪プラン

今日の厳選情報ハイライト

当サイトで紹介している競艇予想サイトの情報の中から、的中かつ利益の出たサイトの予想を紹介する不定期コーナー。

今日お届けする的中厳選情報はセカンドライフより。紹介するのは2020年3月29日の日曜日に提供された有料コースである「人生安泰・富豪プラン」の的中結果からとなる。

人生安泰・富豪コースはセカンドライフで提供されているレギュラーの有料プランのうち、中間にあたる「LEVEL2」の情報で、その成功時の目標金額は150万円~250万円となっている。

中間にあたるプランでこれだけの目標額という時点でかなりの高額狙いである事はよく分かるが、その狙いの大きさに反して的中率はかなり高いように思える。

この日提供されたのはボートレース三国で開催されていた一般戦、スカパー!・JLC杯 ルーキーシリーズ第7戦の4日目、3Rから5Rへのコロガシ舟券となっていた。実際の買い目画面のスクリーンショットがこちらになる。

セカンドライフ買い目

見ての通りそれぞれのレースの買い目はわずか4点に押さえられており、2万円の投資を効率的に配分している。

1レース目となる3Rでは本命を中心とした買い目としつつも、B1級の森選手の勝利パターンもカバーしてあった。実際、森選手はA1級の羽野選手を下して勝利、3連単1-5-3の的中で払戻が4,470円となりまずは189,600円を獲得する事となった。

この獲得分をコロガシ先である2レース目の5Rに全額投資。同じく4点の買い目で1点辺りの配分は20%の37,900円~30%の56,800円となっている。当然ながら舟券は100円単位での購入となるため、端数分は切り捨てを行っている。

こちらの5Rでは3連単4-5-1が的中。払戻金は2,730円とそこそこながら、やはり56,800円分の投資を行っていた事から結果的には1,550,640円という特大配当をゲットする事が出来た。

この人生安泰・富豪コースの目標金額からすればこれでも「ギリギリ達成」レベルなのだから、恐れ入る他はない。

このコースは料金としては10万円とそれなりの値段設定となっているものの、コロガシ的中してしまえば舟券代を合わせても100万円以上の利益は簡単に出せる事から、コストパフォーマンスとしては抜群と言えるだろう。

もちろん、営業日には一日3回提供となる無料情報にも注目だ。

セカンドライフで無料予想をゲット!

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「JACKPOT」!

「稼げなければ意味がない」がキャッチコピーのこの競艇予想サイトは「勝つ」「稼ぐ」ことに特化した競艇予想サイトで、その自信を裏付けるような的中を日々連発しています。

今回紹介するのは2020年5月5日、火曜の祝日に提供されたプラン「GOLD」の的中買い目となる。

この日のGOLDで提供されたのはボートレース浜名湖で行われていた浜松市長杯争奪戦やらまいかカップの5日目6Rからボートレース鳴門で開催されていたトランスワードトロフィー2020の2日目7Rへのコロガシ舟券である。

下の画像が実際に提供された買い目の画面のキャプチャである。

JACKPOT買い目

JACKPOTの予想の特徴の一つはこの買い目の点数である。他のサイトでは1レース目と2レース目の点数が同じになっている事が多いのだが、JACKPOTではこのように不必要な買い目は極力押さえずに済むようになっている。

まず1レース目の浜名湖6Rでは2枠の金子良昭選手を軸とした4点の買い目で総投資額は15,000円となっている。

ここでは3連単2-3-6が的中となり、その倍率は43.6倍。的中買い目への投資額は3,500円だったのでまずは‭152,600‬円を獲得する事になった。

実際の結果はこちらで確認して欲しい。

コロガシの1レース目の配当としてはかなり大きく、2レース目での大爆発を予感させるには十分な金額だ。

この152,600円を全てコロガシ先である2レース目の鳴門7Rに別途。5点の均等投資での勝負となっている。

ここは手堅く1枠の幸本誠選手を軸とした買い目で3連単1-2-6が的中。その倍率は41.1倍となった。

実際の結果はこちらで確認して欲しい。

的中買い目への投資額は1レース目の配当の20%ということで端数切捨て35,500円。倍率41.1倍という事で最終的な配当は帯封達成の‭1,253,550‬円となった。

GOLDはJACKPOTでも上位のプランという事で、参加に必要なポイントもそれなりに高額だがその額に見合うだけの結果をもたらしてくれた。

JACKPOTで無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。