35万円的中!4月7日(火)のボートテクニカル「Level.1」

今日の厳選情報ハイライト

当サイトで紹介している競艇予想サイトの情報の中から、的中かつ利益の出たサイトの予想を紹介する不定期コーナー。

今日お届けする的中厳選情報はボートテクニカルより。紹介するのは2020年4月7日の火曜日に提供された有料コースの「Level.1」の的中だ。

ボートテクニカルはその名の通り、投資テクニックの一つである「テクニカル分析」を競艇予想に応用した独自の予想理論を提供するサイトだ。

その有料情報はレベル1~5に分かれており、当然ながらレベルが高い程参加料金も高くなるが、得られる結果も当然高くなりレベル5ともなれば数百万円は当たり前の世界だ。

今回取り上げるのは「Level.1」という事で有料コースの中では一番下のものとなるが、一番安いコースながらも2レースのコロガシでしっかりとした利益を得られるコースとなっている。

この日提供されたのはボートレース江戸川で開催されていた一般戦、富士通フロンテック杯の6Rから7Rにかけてのコロガシだ。

実際の買い目画面がこちらになる。サイズの関係で若干見にくいかもしれないが、ご了承頂きたい。

ボートテクニカル買い目

買い目は見ての通りだが、2レースともに6点勝負となかなかの少点数での勝負で、1点あたりは3,000円投資の計18,000円。このくらいの投資額ならば競艇ファンは普通に1レースで使っている金額だ。

レベル1という事でかなり的中率を重視しているのは買い目から分かると思うが、2レースとも1枠を軸としたかなり手堅い買い目だった。

結果としては、まず1レース目となる6Rでは3連単1-4-6が的中。その倍率は32.1倍という事でまずは‭96,300‬円を獲得できた。

この配当をコロガシ先の2レース目となる7Rに全額投資。6点の均等買いが支持されていたので、端数切捨てで1点あたり16,000円の投資だ。

こちらも3連単1-2-3で的中。その倍率は高くはないものの決して低すぎもしない絶妙な22.4倍となり、最終的な配当は‭358,400‬円となった。

一番料金の低いコースでこの金額はかなりオイシイのは間違いない。ボートテクニカルはコースの割引も頻繁に行っているため、その場合は更にコスパが上昇する事になる。割引の時は狙い目だろう。

ボートテクニカルで厳選予想をゲット!

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「舟遊記」!

以前にもイチオシサイトとして紹介していた事もある舟遊記ですが、自分の中ではかなりレギュラーメンバーとして利用しているサイトという事で再びイチオシとさせて頂きます!

今回紹介するのは2020年8月10日、月曜の祝日に提供されたプラン「金角」の的中買い目となる。

舟遊記は西遊記がモチーフとなっている競艇予想サイトで、用意されている有料キャンペーンの名前はこの西遊記に登場するキャラクターとなっています。

銀角といえば、金角という兄もいる妖怪で、いわゆる敵キャラですね。銀角コースは中級コースと言われている価格帯のコースの一つで、手軽な値段で参加出来るにも関わらず大きく一発の配当を狙えるコロガシコースとなっています。

この日提供されたのはボートレースびわこで開催されていた一般戦、滋賀県知事杯争奪第25回びわこカップの3日目7Rからボートレース若松で開催されていたナイター一般戦、日刊スポーツ杯お盆特選競走の初日1Rにかけてのコロガシ舟券となっていました。

↓実際の買い目画面がこちらになります↓

舟遊記買い目

点数は6点→4点とかなり絞られているのが見て分かると思います。1レース目への投資額は15,000円となっており、バランス良く投資されています。

コロガシ先では4点の均等投資とする事で、1点あたりの投資額大きくする狙いがあるのかもしれません。単純に、4点で十分当たるという判断かもしれませんが。

1レース目のびわこ7Rでは3連単4-2-6での的中、投資額が2,500円、倍率が30.8倍という事でまずは77,000円の獲得です。2レース目の資金としては十分でしょう。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

コロガシ先の2レース目である若松1Rでは3連単4-1-3で的中となります。4枠の原田選手が快勝しまさに読み通りの的中でした。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

1レース目の配当を4点に均等投資という事で1点あたりの投資額は19,200円、倍率は24.7倍という事で最終的な配当は474,200円となりました。

驚くほどの高額配当!というほどではありませんが、参加費用の安さを考えるとそのコスパは十分に高いと断言して良いでしょう。

舟遊記で無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする