予想付きコラム【一般 名物尼崎あんかけチャンポン杯】三宅潤「尼崎はいつも良くなる」劣勢も前向き/尼崎|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは昨日に引き続いての尼崎一般戦、名物尼崎あんかけチャンポン杯のものとなる。

記事に取り上げられているのは4日目の2走を2着1着と連対として準優進出戦に進出した三宅潤選手だ。今日の4日目で初勝利、序盤は4着も多かったがここの来て調子を上げてきた。

三宅潤(34=大阪)が4日目を2、1着の2連対にまとめて、準優進出戦へ駒を進めた。もっとも、序盤から威張れる動きではないが、果敢なターンで何とかしのいでいる。

「ペラ調整を続けていますが、正直、劣勢ですね。ただ、尼崎はいつも良くなることがあるので調整を続けますよ」と前を向いた。準優進出戦11Rは3号艇。三宅らしく強気の姿勢を崩さず見せ場を存分につくる。

日刊スポーツ

調子は上がってきたとはいえ、今節の相棒60号機の手応えは今ひとつ。ペラ調整は続けているとの事だが、正直な感想としては「劣勢」という事だ。

しかし、尼崎は相性が良いらしく調整で上積み出来る事が多いようで、調整は続けていくとの事だ。

準優進出戦は3枠で登場。なんとか食らいつき、準優進出に賭ける。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201907300000592.html

一般 尼崎あんかけチャンポン杯 5日目 11R 準優進出戦予想

本日提供する予想は記事に取り上げた三宅潤選手の登場する2走の内、後半の準優進出戦より。

メンバー的には全体的にモーター連対率が低く、数値の高い選手もいるがなかなか苦戦しているという状態。

かなり読み辛いところだがここはそのモーター数値の高いA1級レーサー2名を推したい所だ。インのA1級柳生選手も通常なら買いだが、連対率15.38のモーターではどうだろう…という印象もある。

ともあれ、やはりA1級中心の買い目の方が無難だろうか。

7/31尼崎11R当サイト予想
3連単フォーメーション
1着 4、5
2着 1、4、5
3着 1、3、4、5

当サイトの予想はあてにならない、他のレースの予想も欲しいという方は、この記事下部に表示されている予想サイトや、当サイトの優良競艇予想サイトのページから無料でも有料でも買い目を入手可能だ。

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「JACKPOT」!

「稼げなければ意味がない」がキャッチコピーのこの競艇予想サイトは「勝つ」「稼ぐ」ことに特化した競艇予想サイトで、その自信を裏付けるような的中を日々連発しています。

今回紹介するのは2020年5月5日、火曜の祝日に提供されたプラン「GOLD」の的中買い目となる。

この日のGOLDで提供されたのはボートレース浜名湖で行われていた浜松市長杯争奪戦やらまいかカップの5日目6Rからボートレース鳴門で開催されていたトランスワードトロフィー2020の2日目7Rへのコロガシ舟券である。

下の画像が実際に提供された買い目の画面のキャプチャである。

JACKPOT買い目

JACKPOTの予想の特徴の一つはこの買い目の点数である。他のサイトでは1レース目と2レース目の点数が同じになっている事が多いのだが、JACKPOTではこのように不必要な買い目は極力押さえずに済むようになっている。

まず1レース目の浜名湖6Rでは2枠の金子良昭選手を軸とした4点の買い目で総投資額は15,000円となっている。

ここでは3連単2-3-6が的中となり、その倍率は43.6倍。的中買い目への投資額は3,500円だったのでまずは‭152,600‬円を獲得する事になった。

実際の結果はこちらで確認して欲しい。

コロガシの1レース目の配当としてはかなり大きく、2レース目での大爆発を予感させるには十分な金額だ。

この152,600円を全てコロガシ先である2レース目の鳴門7Rに別途。5点の均等投資での勝負となっている。

ここは手堅く1枠の幸本誠選手を軸とした買い目で3連単1-2-6が的中。その倍率は41.1倍となった。

実際の結果はこちらで確認して欲しい。

的中買い目への投資額は1レース目の配当の20%ということで端数切捨て35,500円。倍率41.1倍という事で最終的な配当は帯封達成の‭1,253,550‬円となった。

GOLDはJACKPOTでも上位のプランという事で、参加に必要なポイントもそれなりに高額だがその額に見合うだけの結果をもたらしてくれた。

JACKPOTで無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。