予想付きコラム【PG1 ヤングダービー】磯部誠がドリーム白星「冷静にいく」/びわこPG1|日刊スポーツ

(C)2020,Nikkan Sports News.

(C)2020,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは今日からボートレースびわこで開催となったプレミアムG1ヤングダービーからとなる。

記事に取り上げられているのは今日の初日12Rのドリーム戦にインで登場し、トップスタートを決めて逃げ切りを決めた磯部誠選手だ。

30歳以下の若手選手しか出場出来ないこのヤングダービー、磯部選手は現在30歳という事で今年が最後の出場となる。若手の中でも当然トップクラスの選手で、既にSGにも9度出場しているなど今節の優勝候補の筆頭と言って良いだろう。

注目の12Rドリーム戦は、磯部誠(30=愛知)がインからコンマ13のトップスタートを決めて逃げ切り、人気に応えた。

スタート特訓や展示航走で2枠・仲谷颯仁らの伸びに「劣勢を感じていた」と振り返ったが、本番は貫禄のイン先マイ。ヤングダービーはFに散るなど「空回りしたことが多かった。しっかり冷静にいきたい」。最後の舞台に気を引き締め直していた。

日刊スポーツ

磯部選手の今節の相棒である41号機は複勝率33.33とまずまずに思えるが、手応えとしては2枠の中谷選手などに見劣りしている印象だったようだ。

しかし蓋をあけてみればトップスタートを決めてのイン先マイであっさりと逃げ切り、地力の高さを見せつけての勝利となった。

記事の通りヤングダービーでは過去にフライングを切るなどあまり良い思い出はないものの、優勝の最後のチャンスとなる今節はあくまでクールに勝ちを狙う。

明日の2日目は5R予選に6枠、9R予選に4枠の2走。アウト寄りの2走ながら、実力的には枠の不利を覆しての連勝は十分期待して良いだろう。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/202009170000605.html

G1 ヤングダービー 2日目 9R 予選予想

本日提供する予想は記事に取り上げた磯部誠選手が登場する2日目の2走のうち、後半の9R予選より。

V候補筆頭の磯部選手は4枠で登場。メンバーの機力はいずれも高そうで、数値だけで言うなら磯部選手の41号機以上のものばかりで苦しい戦いになりそうだ。

特に5枠の関浩哉選手は初日の2走を連勝しており枠に関係なく要注意。2枠の小池選手、3枠の井上選手も共にエンジン複勝率が非常に高く、難しい一戦となりそうだ。

ただ今回は磯部選手の地力を信頼、1着固定として2着3着は広めに押さえる事にした。

9/18 びわこ 9R 当サイト予想
3連単フォーメーション
1着 4
2着 2、5
3着 2、3、5

当サイトの予想はあてにならない、他のレースの予想も欲しいという方は、この記事下部に表示されている予想サイトや、当サイトの優良競艇予想サイトのページから無料でも有料でも買い目を入手可能だ。

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「舟遊記」!

以前にもイチオシサイトとして紹介していた事もある舟遊記ですが、自分の中ではかなりレギュラーメンバーとして利用しているサイトという事で再びイチオシとさせて頂きます!

今回紹介するのは2020年8月10日、月曜の祝日に提供されたプラン「金角」の的中買い目となる。

舟遊記は西遊記がモチーフとなっている競艇予想サイトで、用意されている有料キャンペーンの名前はこの西遊記に登場するキャラクターとなっています。

銀角といえば、金角という兄もいる妖怪で、いわゆる敵キャラですね。銀角コースは中級コースと言われている価格帯のコースの一つで、手軽な値段で参加出来るにも関わらず大きく一発の配当を狙えるコロガシコースとなっています。

この日提供されたのはボートレースびわこで開催されていた一般戦、滋賀県知事杯争奪第25回びわこカップの3日目7Rからボートレース若松で開催されていたナイター一般戦、日刊スポーツ杯お盆特選競走の初日1Rにかけてのコロガシ舟券となっていました。

↓実際の買い目画面がこちらになります↓

舟遊記買い目

点数は6点→4点とかなり絞られているのが見て分かると思います。1レース目への投資額は15,000円となっており、バランス良く投資されています。

コロガシ先では4点の均等投資とする事で、1点あたりの投資額大きくする狙いがあるのかもしれません。単純に、4点で十分当たるという判断かもしれませんが。

1レース目のびわこ7Rでは3連単4-2-6での的中、投資額が2,500円、倍率が30.8倍という事でまずは77,000円の獲得です。2レース目の資金としては十分でしょう。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

コロガシ先の2レース目である若松1Rでは3連単4-1-3で的中となります。4枠の原田選手が快勝しまさに読み通りの的中でした。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

1レース目の配当を4点に均等投資という事で1点あたりの投資額は19,200円、倍率は24.7倍という事で最終的な配当は474,200円となりました。

驚くほどの高額配当!というほどではありませんが、参加費用の安さを考えるとそのコスパは十分に高いと断言して良いでしょう。

舟遊記で無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。