【京極賞】G1通算20度目Vへ浜野谷「行き足いい」

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日もボートレース丸亀で開催されているG1京極賞のニュースからピックアップ。本日は競艇漫画「モンキーターン」の主人公、波多野憲二のモデルとなった事でも有名な濱野谷憲吾選手について。濱野谷選手は4日準優9Rに出場し勝利した。

<丸亀ボート:京極賞>◇G1◇5日目◇4日

濱野谷憲吾(44=東京)の安定感が抜群だ。準優9Rは2コース、3コースがへこむ最悪のスリット隊形となったが、インからしぶとく逃げ切った。「ノーガードだったんで、思い切ってハンドルを入れた。舟の返りも良かった」と、ほっとひと息。仕上がりに関しても「エンジンがいい。ずっと行き足がいいね」と胸を張る。オール3連対をキープし、堂々の優勝戦のポールポジションを手にした。15年6月の江戸川周年以来、通算20回目のG1制覇へ視界は良好だ。

この勝利によってオール3連対で優勝戦へトップ進出。本日12Rの優勝戦へと挑む。優勝戦は20:44場外締切。出場選手は1濱野谷憲吾、2河村了、3興津藍、4白井英治、5菊地孝平、6磯部誠となっている。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201806040000769.html

[PR]

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「舟遊記」!

以前にもイチオシサイトとして紹介していた事もある舟遊記ですが、自分の中ではかなりレギュラーメンバーとして利用しているサイトという事で再びイチオシとさせて頂きます!

今回紹介するのは2020年8月10日、月曜の祝日に提供されたプラン「金角」の的中買い目となる。

舟遊記は西遊記がモチーフとなっている競艇予想サイトで、用意されている有料キャンペーンの名前はこの西遊記に登場するキャラクターとなっています。

銀角といえば、金角という兄もいる妖怪で、いわゆる敵キャラですね。銀角コースは中級コースと言われている価格帯のコースの一つで、手軽な値段で参加出来るにも関わらず大きく一発の配当を狙えるコロガシコースとなっています。

この日提供されたのはボートレースびわこで開催されていた一般戦、滋賀県知事杯争奪第25回びわこカップの3日目7Rからボートレース若松で開催されていたナイター一般戦、日刊スポーツ杯お盆特選競走の初日1Rにかけてのコロガシ舟券となっていました。

↓実際の買い目画面がこちらになります↓

舟遊記買い目

点数は6点→4点とかなり絞られているのが見て分かると思います。1レース目への投資額は15,000円となっており、バランス良く投資されています。

コロガシ先では4点の均等投資とする事で、1点あたりの投資額大きくする狙いがあるのかもしれません。単純に、4点で十分当たるという判断かもしれませんが。

1レース目のびわこ7Rでは3連単4-2-6での的中、投資額が2,500円、倍率が30.8倍という事でまずは77,000円の獲得です。2レース目の資金としては十分でしょう。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

コロガシ先の2レース目である若松1Rでは3連単4-1-3で的中となります。4枠の原田選手が快勝しまさに読み通りの的中でした。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

1レース目の配当を4点に均等投資という事で1点あたりの投資額は19,200円、倍率は24.7倍という事で最終的な配当は474,200円となりました。

驚くほどの高額配当!というほどではありませんが、参加費用の安さを考えるとそのコスパは十分に高いと断言して良いでしょう。

舟遊記で無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。