【SGグランドチャンピオン】今村豊「このタイトルは山口県から出さない」

(C)2018,Nikkan Sports News.

いよいよ本日からボートレース徳山で開催となったSG第28回グランドチャンピオン。大阪での地震の影響で抽選に間に合わない選手も居たというトラブルもあったようだ。ボートレース徳山では実に64年ぶりのSG開催という事で、地元山口県の選手に注目と期待が集まっている事は昨日の前夜祭のニュースでもお伝えしたが、本日の開会式でもその期待と人気の高さを垣間見る事が出来た。その開会式での一幕のニュースをピックアップする。

<徳山ボート:グランドチャンピオン>◇SG◇初日◇19日

オープニングレースが始まる前に、9時10分ごろから東スタンド特設ステージで、開会式が行われた。

最もファンの声援が大きかったのが、地元のレジェンド今村豊(56=山口)だ。「徳山で64年ぶりのSG開催。私は選手を38年やっていますけど、初めてのSG開催になります。私はもちろんのこと、白井英治、寺田祥の3人が山口県から出場しています。このタイトルは山口県から出さないように、一生懸命頑張りますので、ご声援よろしくお願いします」と今節の活躍を誓った。

これにはファンからも「頑張れー」、「今村頼むぞー」と大声援。大盛り上がりを見せていた。

記事によると、もっとも声援を集めたのは今村豊選手。当然地元での人気は非常に高いベテラン一流選手である。地元山口勢が地の利を活かして活躍する事が出来るだろうか?本日の初日の山口勢の結果を見ていこう。今村選手は予選8Rに登場したが、僅か0.3秒差で田村隆信選手に逃げ切られ2着。白井選手はドリーム戦12Rに登場し3着。1着は菊地孝平選手。寺田選手は4Rと9Rに登場しどちらも2着。やはりSGという事もあり、強力な選手が揃っているためなかなか1着というのも難しかったが、全員3着以上とかなり良い結果で得点率で見ても全員トップ10以内に入っている。初日の山口勢は順調と言ったところだろうか?

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201806190000438.html

[PR]

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「舟遊記」!

以前にもイチオシサイトとして紹介していた事もある舟遊記ですが、自分の中ではかなりレギュラーメンバーとして利用しているサイトという事で再びイチオシとさせて頂きます!

今回紹介するのは2020年8月10日、月曜の祝日に提供されたプラン「金角」の的中買い目となる。

舟遊記は西遊記がモチーフとなっている競艇予想サイトで、用意されている有料キャンペーンの名前はこの西遊記に登場するキャラクターとなっています。

銀角といえば、金角という兄もいる妖怪で、いわゆる敵キャラですね。銀角コースは中級コースと言われている価格帯のコースの一つで、手軽な値段で参加出来るにも関わらず大きく一発の配当を狙えるコロガシコースとなっています。

この日提供されたのはボートレースびわこで開催されていた一般戦、滋賀県知事杯争奪第25回びわこカップの3日目7Rからボートレース若松で開催されていたナイター一般戦、日刊スポーツ杯お盆特選競走の初日1Rにかけてのコロガシ舟券となっていました。

↓実際の買い目画面がこちらになります↓

舟遊記買い目

点数は6点→4点とかなり絞られているのが見て分かると思います。1レース目への投資額は15,000円となっており、バランス良く投資されています。

コロガシ先では4点の均等投資とする事で、1点あたりの投資額大きくする狙いがあるのかもしれません。単純に、4点で十分当たるという判断かもしれませんが。

1レース目のびわこ7Rでは3連単4-2-6での的中、投資額が2,500円、倍率が30.8倍という事でまずは77,000円の獲得です。2レース目の資金としては十分でしょう。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

コロガシ先の2レース目である若松1Rでは3連単4-1-3で的中となります。4枠の原田選手が快勝しまさに読み通りの的中でした。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

1レース目の配当を4点に均等投資という事で1点あたりの投資額は19,200円、倍率は24.7倍という事で最終的な配当は474,200円となりました。

驚くほどの高額配当!というほどではありませんが、参加費用の安さを考えるとそのコスパは十分に高いと断言して良いでしょう。

舟遊記で無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。