ボートレース尼崎、大阪北部地震の影響で26日〜7月1日中止

本日ピックアップするニュースは、記事としては3日程前のニュースなのだが、明日26日からの影響、という事もあり取り上げる事とした。このニュースはボートレース尼崎での開催中止についてだ。開催中止の原因は18日の大阪北部を震源とした最大震度6弱を記録した地震の影響である。この地震では人的被害や物的被害が起こり、都市ガスなどは昨日24日にやっと全域で復旧する等、まだまだ爪痕は残っている。同じ公営競技では、競馬は問題なく開催されたが、競輪でも観客席のガラスが割れ京都向日町競輪場でのレースが開催中止となった。競艇ではボートレース尼崎が明日から開催予定だった第28回しらなみ賞競走を開催中止とした。

 ボートレース尼崎は、26日〜7月1日に予定していた開催を中止すると発表した。18日に大阪府北部で発生した地震により、場内のスプリンクラーにつながる配管が破損、天井から水が漏れ、投票機器などに不具合が生じたため。完全復旧の時期や今後の開催は未定。

記事によるとスプリンクラーの配管の破損、水漏れ、それによる投票機器の故障と、ガラスが割れて飛散した向日町競輪場よりも被害は大きそうで、復旧には金も時間もかなりかかる事が予想される。機械は入れ替えとなるだろうが、納入までに時間はかかるだろうし安い物では無いだろう。スプリンクラーの配管も破損場所によってはこれも修繕に時間がかかってしまうだろうし、業者も同じような修繕が被害地域各地で起こっているだろうから、ボートレース尼崎での修繕まで手が回らないかもしれない。ただ、7/1まで中止、という事なので7/7から開催の尼崎プリンセスカップや7/24から開催のG1尼崎センプルカップまでには問題なく再開出来る見込みなのだろう。公営競技の会場だけではなく、被害地域全域の一刻も早い復旧を願っている。

引用元:https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/06/22/kiji/20180622s00053000004000c.html

[PR]
予想ライブ

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「舟遊記」!

以前にもイチオシサイトとして紹介していた事もある舟遊記ですが、自分の中ではかなりレギュラーメンバーとして利用しているサイトという事で再びイチオシとさせて頂きます!

今回紹介するのは2020年8月10日、月曜の祝日に提供されたプラン「金角」の的中買い目となる。

舟遊記は西遊記がモチーフとなっている競艇予想サイトで、用意されている有料キャンペーンの名前はこの西遊記に登場するキャラクターとなっています。

銀角といえば、金角という兄もいる妖怪で、いわゆる敵キャラですね。銀角コースは中級コースと言われている価格帯のコースの一つで、手軽な値段で参加出来るにも関わらず大きく一発の配当を狙えるコロガシコースとなっています。

この日提供されたのはボートレースびわこで開催されていた一般戦、滋賀県知事杯争奪第25回びわこカップの3日目7Rからボートレース若松で開催されていたナイター一般戦、日刊スポーツ杯お盆特選競走の初日1Rにかけてのコロガシ舟券となっていました。

↓実際の買い目画面がこちらになります↓

舟遊記買い目

点数は6点→4点とかなり絞られているのが見て分かると思います。1レース目への投資額は15,000円となっており、バランス良く投資されています。

コロガシ先では4点の均等投資とする事で、1点あたりの投資額大きくする狙いがあるのかもしれません。単純に、4点で十分当たるという判断かもしれませんが。

1レース目のびわこ7Rでは3連単4-2-6での的中、投資額が2,500円、倍率が30.8倍という事でまずは77,000円の獲得です。2レース目の資金としては十分でしょう。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

コロガシ先の2レース目である若松1Rでは3連単4-1-3で的中となります。4枠の原田選手が快勝しまさに読み通りの的中でした。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

1レース目の配当を4点に均等投資という事で1点あたりの投資額は19,200円、倍率は24.7倍という事で最終的な配当は474,200円となりました。

驚くほどの高額配当!というほどではありませんが、参加費用の安さを考えるとそのコスパは十分に高いと断言して良いでしょう。

舟遊記で無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。