【第15回新東通信杯】大川茂実、相棒31号機絶賛「悪い部分ない」

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースも一般戦のニュースとなる。記事はボートレース桐生でのレース2日目の大川茂実選手についてだ。記事内では岡山のペラグループで有名なイーグル会についても触れられているが、本題は相棒の31号機についての話題となっている。桐生31号機はモーターランキングでは36位、2連対率30.6と決して上位に数えられるモーターでは無いものの、大川選手には悪いところが無い、と言い切るほどだ。

<桐生ボート>◇2日目◇28日

ペラの名門イーグル会の重鎮・大川茂実に好気配が漂う。2日目9Rは5着だったが「足はバランスが取れて全体的にいい。悪い部分はない」と、相棒の31号機を絶賛した。

5月の福岡からイーグル会のシンボルでもある鷲(わし)の文字をあしらったヘルメットを新調。「そこから1着が取れてないけど今節は楽しみ」。2日目の3、7Rは内中枠と絶好のチャンスが到来。新しい相棒に初勝利をプレゼントする。

記事によると31号機の絶賛と新調したヘルメットに触れられている。新調してからまだ1着が取れていないという事だが、今節では自信を覗かせているようだ。なんだか相棒という表現が複数出てきてややこしいが、新しい相棒、はヘルメットの事だろう。さて、この記事は昨日28日の記事のため、2日目の3、7Rは内中枠、というのは3日目の間違いだろう。3日目3Rは先ほど終了し、1号艇で出場したものの惜しくも2着、7Rは3号艇でこのあと間もなくとなる(17:51現在)。このレースではエース機61号機の2号艇原田選手が壁となるだろうか。新調したヘルメットと共に勝利する事が出来るだろうか。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201806290000281.html

[PR]

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「舟遊記」!

以前にもイチオシサイトとして紹介していた事もある舟遊記ですが、自分の中ではかなりレギュラーメンバーとして利用しているサイトという事で再びイチオシとさせて頂きます!

今回紹介するのは2020年8月10日、月曜の祝日に提供されたプラン「金角」の的中買い目となる。

舟遊記は西遊記がモチーフとなっている競艇予想サイトで、用意されている有料キャンペーンの名前はこの西遊記に登場するキャラクターとなっています。

銀角といえば、金角という兄もいる妖怪で、いわゆる敵キャラですね。銀角コースは中級コースと言われている価格帯のコースの一つで、手軽な値段で参加出来るにも関わらず大きく一発の配当を狙えるコロガシコースとなっています。

この日提供されたのはボートレースびわこで開催されていた一般戦、滋賀県知事杯争奪第25回びわこカップの3日目7Rからボートレース若松で開催されていたナイター一般戦、日刊スポーツ杯お盆特選競走の初日1Rにかけてのコロガシ舟券となっていました。

↓実際の買い目画面がこちらになります↓

舟遊記買い目

点数は6点→4点とかなり絞られているのが見て分かると思います。1レース目への投資額は15,000円となっており、バランス良く投資されています。

コロガシ先では4点の均等投資とする事で、1点あたりの投資額大きくする狙いがあるのかもしれません。単純に、4点で十分当たるという判断かもしれませんが。

1レース目のびわこ7Rでは3連単4-2-6での的中、投資額が2,500円、倍率が30.8倍という事でまずは77,000円の獲得です。2レース目の資金としては十分でしょう。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

コロガシ先の2レース目である若松1Rでは3連単4-1-3で的中となります。4枠の原田選手が快勝しまさに読み通りの的中でした。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

1レース目の配当を4点に均等投資という事で1点あたりの投資額は19,200円、倍率は24.7倍という事で最終的な配当は474,200円となりました。

驚くほどの高額配当!というほどではありませんが、参加費用の安さを考えるとそのコスパは十分に高いと断言して良いでしょう。

舟遊記で無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。