予想付きコラム【2018ボート優秀表彰式典】4冠獲得の峰竜太に「日本一!」の声/ボート表彰式

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは趣向を変え、レースそのものの結果や前検の様子ではなく今日品川プリンスホテルで行われた2018年ボート優秀表彰式典の様子から。記事に取り上げられているのは最終週選手、最多賞金獲得選手、記者大賞、最高勝率選手の4冠を獲得した峰竜太選手だ。4冠獲得は2006年の松井繫選手以来という事で、12年ぶりという事だ。

<2018年ボート優秀表彰式典>◇7日◇東京・品川プリンスホテル

ファン、関係者ら約650人が出席し、盛大に行われた。峰竜太(33=佐賀)は最優秀選手、最多賞金獲得選手、記者大賞に加え、4年連続で最高勝率選手にも輝いた。「4冠」獲得は06年の松井繁以来、実に12年ぶりの快挙となった。「5年目(19年)も狙っていますし、選手を辞めるまで1着を狙います」と宣言した。

今年もすでに2回優勝を飾っている。9日からは芦屋九州地区選に出場予定で、芦屋では1月周年からG1連続Vを狙う。「常に、昨日の自分より強く、と思ってやっている。それ(昨年)を超える人間になって、そういう(強い)レースをしたい」。ファンからは「日本一!」という掛け声も飛び、会場が峰ワールドに染まった。

引用元:日刊スポーツ

壇上で峰選手は今年も狙っていると答え、引退するその日まで1着を狙い続けると力強く宣言。会場を大いに沸かせた。記事の通り今年はすでに2回の優勝を決めておりグランプリ制覇以来正に絶好調といった所だ。コメントも峰選手らしい、向上心に満ちたものでファンからも「日本一!」と掛け声が飛ぶなどそのカリスマぶりを十全に発揮した授賞式だったようだ。

引用した日刊スポーツのボートレースニュースには他にも特別賞を受賞した毒島誠選手、その勝ちに徹底的に拘るスタート攻勢から今年既に2走連続フライングを切っている最多勝利選手の田頭実選手、賞金トップで優秀女子に選出の小野生奈選手、女子特別賞の松本晶恵選手、最優秀新人の大山千広選手の個別記事がアップされているので、気になる方はチェックしてみてはどうだろうか。特に女子選手の艶やかな着物や振袖姿は必見である。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201902070000390.html

一般戦 日本トーター杯争奪戦 2日目 12R ドリーム戦予想

コラムではおめでたい話題を取り上げたが、予想はいつも通りの提供となる。相変わらず今日もG1ラッシュの谷間の日ではあるので、どこのレースからの提供か迷ったが昨日に引き続き徳山の一般戦、日本トーター杯争奪戦の2日目からに決定。この中から12Rのドリーム戦をチョイス。この2日目のドリーム戦のメンバーではやはり目立つのは1枠の原田篤志選手だろうか。勝率も高く、モーター数値も悪くない。初日は5着1着とまずまずだ。ここを軸として相手は悩み所。4枠の星栄爾選手は気になる所だが機力はかなり微妙。3枠の麻生慎介選手は初日1着で機力も悪くない。当地勝率の低さが気になるところだが…この2名が主な相手と見て良いと思われる。6枠の平田選手も一発あり。

2/6下関12R当サイト予想
1=3=4
1=3=6
1=4=6

当サイトの予想はあてにならない、ちゃんとした3連単の予想が欲しい、他のレースの予想も欲しいという方は、この記事下部に表示されている予想サイトや、当サイトの優良競艇予想サイトのページから無料でも有料でも買い目を入手可能だ。

[PR]
グランドスラム

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「舟遊記」!

以前にもイチオシサイトとして紹介していた事もある舟遊記ですが、自分の中ではかなりレギュラーメンバーとして利用しているサイトという事で再びイチオシとさせて頂きます!

今回紹介するのは2020年8月10日、月曜の祝日に提供されたプラン「金角」の的中買い目となる。

舟遊記は西遊記がモチーフとなっている競艇予想サイトで、用意されている有料キャンペーンの名前はこの西遊記に登場するキャラクターとなっています。

銀角といえば、金角という兄もいる妖怪で、いわゆる敵キャラですね。銀角コースは中級コースと言われている価格帯のコースの一つで、手軽な値段で参加出来るにも関わらず大きく一発の配当を狙えるコロガシコースとなっています。

この日提供されたのはボートレースびわこで開催されていた一般戦、滋賀県知事杯争奪第25回びわこカップの3日目7Rからボートレース若松で開催されていたナイター一般戦、日刊スポーツ杯お盆特選競走の初日1Rにかけてのコロガシ舟券となっていました。

↓実際の買い目画面がこちらになります↓

舟遊記買い目

点数は6点→4点とかなり絞られているのが見て分かると思います。1レース目への投資額は15,000円となっており、バランス良く投資されています。

コロガシ先では4点の均等投資とする事で、1点あたりの投資額大きくする狙いがあるのかもしれません。単純に、4点で十分当たるという判断かもしれませんが。

1レース目のびわこ7Rでは3連単4-2-6での的中、投資額が2,500円、倍率が30.8倍という事でまずは77,000円の獲得です。2レース目の資金としては十分でしょう。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

コロガシ先の2レース目である若松1Rでは3連単4-1-3で的中となります。4枠の原田選手が快勝しまさに読み通りの的中でした。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

1レース目の配当を4点に均等投資という事で1点あたりの投資額は19,200円、倍率は24.7倍という事で最終的な配当は474,200円となりました。

驚くほどの高額配当!というほどではありませんが、参加費用の安さを考えるとそのコスパは十分に高いと断言して良いでしょう。

舟遊記で無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。