予想付きコラム【一般 ALSOK徳島杯競走】峰竜太が独走状態「自分はここで頑張る」/鳴門|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは昨日に引き続きボートレース鳴門で開催中の一般戦、ALSOK徳島杯競走より。

記事に取り上げられているのはボート界のスーパースター、峰竜太選手だ。初日の1走目こそ2着だったが、後半のドリーム戦からは今日の2日目の2走も含めて全勝しており、相変わらずのトップレーサーぶりを見せつけた。

SGクラシックにこそ出場出来なかったものの、その分の鬱憤を晴らすかの如きの走りで優勝一直線と言った所か。

峰竜太(34=佐賀)が、初日後半から3連勝で得点率トップに立った。4Rは2コースから鋭く差し切ると、後半12Rは2Mで巧みに差して加藤高史を抜き逆転勝利を飾った。

「(後半の2Mは)いいターンができた」と自画自賛した。平和島SGクラシックは出場できなかったが、士気はまったく落ちていない。「(クラシックに)出たかったけど、自分はここ(鳴門一般戦)で頑張る」と優勝へ突っ走るのみだ。

日刊スポーツ

記事の通り前半4Rでは.08のトップスタートから1枠の藤田靖弘選手をきっちりと差し切り、後半12Rでは2マークでの抜きで逆転勝利で今節の得点率ランク単独トップに躍り出た。

後半の12Rに関しては自身でも良いターンが出来たと自画自賛するほどのデキだったようで、既定路線とまで言える今節の優勝に向けて全く問題は無い模様だ。

明日の3日目は3Rの予選と12Rの特選の2走。3枠と4枠からのセンターからとなるが、メンバー的にもここはあっさりと連勝してみせ、得点率単独トップのまま予選を駆け抜ける公算は高そうだ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/202003180000555.html

一般 ALSOK徳島杯競走 3日目 12R 特選予想

本日提供する予想は記事に取り上げた峰竜太選手が登場する3日目の2走のうち、後半の12R特選より。

前半の3R予選ではおそらくほぼほぼ勝利するのは確実視出来る事から、後半特選をチョイスだ。

メンバーの実力的にはこの12Rの方が当然上である事には間違いないものの、やはり峰選手が大本命であるのは変わらない。基本的には1着に固定して、2着3着を当てる形で十分だろう。

2着候補筆頭は1枠で登場の石川選手と6枠の尾嶋選手という事で問題なさそうだ。このままこの2艇を3着にも据えて、3着には1艇追加がセオリーか。残りのメンバーから見ればここは2枠の稗田選手が妥当な所だろうか。

3/19 鳴門 12R当サイト予想
3連単フォーメーション
1着 4
2着 1、6
3着 1、2、6

当サイトの予想はあてにならない、他のレースの予想も欲しいという方は、この記事下部に表示されている予想サイトや、当サイトの優良競艇予想サイトのページから無料でも有料でも買い目を入手可能だ。

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「セカンドライフ」!

このセカンドライフは毎週月、木、金、土、日に情報を提供しており、一日に昼、夕、夜とそれぞれ3回ずつ予想が見られる事が最大の特徴となっている。

無料情報も強力な同サイトだが、今回紹介するのは有料情報「人生安泰・富豪プラン」からとなる。

 

下の画像は2020年2月8日の土曜日に提供された「人生安泰・富豪プラン」の実際の買い目画面となる。

人生安泰・富豪プランは2レースのコロガシを行うプランで、コロガシ成功で目標金額である150万円~200万円を目指すコースとなっている

セカンドライフ買い目

 

こちらが実際の買い目画面となる。堅い情報には大きめに投資、倍率の高くなりそうな買い目には抑え気味と実にバランスの良い投資スタイルだ。

実際の的中は

津3R 3連単1-2-3(外部サイトで確認)→津5R 3連単1-3-5(外部サイトで確認)

となっている。

1レース目の3Rではセオリー通りの3連単1-2-3での的中となり倍率も15.5倍と大きくは無いものの投資額のバランスによりまずは124,000円を獲得。

その配当額を2レース目である5Rに分配投資。2レース目も手堅いながらもその投資バランス良さが再び発揮され最終的にはコロガシ配当1,145,760円を獲得した。

プランの目標金額には届いていないものの、しっかりと帯封付きレベルの配当を獲得しており、やはりセカンドライフのコロガシプランは強力の一言に尽きる、と改めて実感させられた格好だ。

セカンドライフで無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。