予想付きコラム【G1 徳山クラウン争奪戦】池田浩二が得点率トップ「普通に走れる」/徳山|日刊スポーツ

© BOAT RACE OFFICIAL WEB ALL RIGHTS RESERVED.

© BOAT RACE OFFICIAL WEB ALL RIGHTS RESERVED.

本日ピックアップするニュースはボートレース徳山で開催中のG1徳山クラウン争奪戦より。今日で3日目のレースが終了した。

記事に取り上げられているのは今日の3日目の2走を1着2着にまとめて得点率トップに立った池田浩二選手だ。

トップレーサーたちの激戦となっている今節、池田選手は初日のドリーム戦で3着、2日目前半で4着と滑り出しこそ今ひとつだったものの、その2日目の後半と今日の3日目前半と連勝、3日目後半では白井英治選手に続いて2着となり、得点率トップに立った。

<徳山ボート:徳山クラウン争奪戦>◇G1◇3日目◇18日

池田浩二(42=愛知)が得点率争いのトップに立った。

序盤は機力に関して厳しい自己評価だったが「普通に走れるし悪くない」と手応えアップ。このまま予選1位通過を目指して、4日目は8R5枠の1走に集中だ。

日刊スポーツ

記事の通り序盤は機力にかなり不満があったようだが、上積みに成功し「普通に走れる」レベルまで引き上げた。

予選最終日となる明日の4日目は1走という事で、トップ通過するためにはここは勝ちが絶対条件だろう。予選トップとはいえ、得点率0.20差で2位が4選手ひしめき合っている接戦状態である事から決して油断は出来ないだろう。

白井英治選手、毒島誠選手、桐生順平選手などが低迷する中、池田選手が2月以来今年2度めとなるG1制覇を決める事が出来るか、注目だ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/202005180000461.html

G1 徳山クラウン争奪戦 4日目 8R 予選予想

本日提供する予想は記事に取り上げた池田浩二選手が登場する4日目8Rの予選より。

コラム部分でも触れた通り、現在得点率トップの池田選手だが得点率同率2位が4選手という状態で、混戦模様だ。

予選トップで通過し準優戦1号艇を手にするためには、この4日目は是が非でも勝ちたい所だろう。

その池田選手は5枠で登場、安達裕樹選手や毒島誠選手など強力なレーサーも登場となるが、今節の調子を見れば池田選手に期待が集まるのは間違い無さそうだ。

基本的には池田選手を1着固定という事で問題はなさそうだが、問題は2着以降か。実力的には毒島選手を推したい所だが、今年の毒島選手はどうにも勝ちきれない印象がある上に今節はまだ1勝と低迷中。2着固定という訳には行かないだろう。

となれば、2着候補は毒島選手以外なら3枠の江夏選手というのが妥当な所だろう。今節勝利こそないが、舟券に絡んでいる率は高めで悪くない選択だろう。

3着にはこの2艇に加えて、インの丸岡選手をチョイスすれば的中率は高めになるか。

5/19 徳山 8R当サイト予想
3連単フォーメーション
1着 5
2着 3、4
3着 1、3、4

当サイトの予想はあてにならない、他のレースの予想も欲しいという方は、この記事下部に表示されている予想サイトや、当サイトの優良競艇予想サイトのページから無料でも有料でも買い目を入手可能だ。

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「JACKPOT」!

「稼げなければ意味がない」がキャッチコピーのこの競艇予想サイトは「勝つ」「稼ぐ」ことに特化した競艇予想サイトで、その自信を裏付けるような的中を日々連発しています。

今回紹介するのは2020年5月5日、火曜の祝日に提供されたプラン「GOLD」の的中買い目となる。

この日のGOLDで提供されたのはボートレース浜名湖で行われていた浜松市長杯争奪戦やらまいかカップの5日目6Rからボートレース鳴門で開催されていたトランスワードトロフィー2020の2日目7Rへのコロガシ舟券である。

下の画像が実際に提供された買い目の画面のキャプチャである。

JACKPOT買い目

JACKPOTの予想の特徴の一つはこの買い目の点数である。他のサイトでは1レース目と2レース目の点数が同じになっている事が多いのだが、JACKPOTではこのように不必要な買い目は極力押さえずに済むようになっている。

まず1レース目の浜名湖6Rでは2枠の金子良昭選手を軸とした4点の買い目で総投資額は15,000円となっている。

ここでは3連単2-3-6が的中となり、その倍率は43.6倍。的中買い目への投資額は3,500円だったのでまずは‭152,600‬円を獲得する事になった。

実際の結果はこちらで確認して欲しい。

コロガシの1レース目の配当としてはかなり大きく、2レース目での大爆発を予感させるには十分な金額だ。

この152,600円を全てコロガシ先である2レース目の鳴門7Rに別途。5点の均等投資での勝負となっている。

ここは手堅く1枠の幸本誠選手を軸とした買い目で3連単1-2-6が的中。その倍率は41.1倍となった。

実際の結果はこちらで確認して欲しい。

的中買い目への投資額は1レース目の配当の20%ということで端数切捨て35,500円。倍率41.1倍という事で最終的な配当は帯封達成の‭1,253,550‬円となった。

GOLDはJACKPOTでも上位のプランという事で、参加に必要なポイントもそれなりに高額だがその額に見合うだけの結果をもたらしてくれた。

JACKPOTで無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。