予想付きコラム【G1 トコタンキング決定戦】原田幸哉3枠で白星も「S分かっていない」/常滑|日刊スポーツ

(C)2020,Nikkan Sports News.

(C)2020,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースはボートレース常滑で開催中のG1トコタンキング決定戦より。

本日で4日目が終了したこの常滑G1、記事に取り上げられているのは予選最終日となった今日の1走で3コースからまくり差しで勝利し準優戦進出を決めた原田幸哉選手だ。

今節の原田選手はなかなか勝ち星を挙げられず、初勝利は3日目の1前半、そしてこの4日目でようやく2勝目を挙げた。

原田幸哉(45=長崎)が準優への執念を見せつけた。

1回走りの7Rは、3コースからコンマ13のスタートを決めて1枠山口裕二、2枠永井彪也の動きを見極めて、鋭くまくり差した。だが「スタートは全然分かってない。自分の中ではゼロ台と思っていた。難しい」と首をひねる。それでも「ペラとエンジンが合っていて、今日が一番いい。力を出し切れている」と仕上がりに満足している。「あとはスタートの度胸を付けるだけ」と自分に言い聞かせた。

日刊スポーツ

勝利した今日の7Rでは3コースから.13の好スタートを決め手てのまくり差し。トップスタートとまでは行かないながらもスタート勘は問題ないと思いきや、今節のスタートに関しては「全然分かってない」のだとか。

原田選手ほどのレーサーでもそういう事があるのが競艇だが、ゼロ代と思っていたのが.13では感覚のズレは大きいかもしれない。

スタートはともかく、機力としてはかなり仕上がったようで、ここまでで今日の4日目が一番良いと準優戦に向けて自信を付けた格好だ。

課題はやはりスタート。勇み足では元も子もないが、思い切ったスタートを切らなければ優出は厳しい。G1優出のためにも明日の準優はスタートが鍵になりそうだ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/202011060000654.html

G1 トコタンキング決定戦 5日目 10R 準優戦予想

本日提供する予想は記事に取り上げた原田幸哉選手が登場する5日目10Rの準優戦より。

G1の準優戦という事で当然だが、やはりレベルの高いメンバーが揃っておりこれまで以上に簡単には勝てないだろう。

4枠で登場の原田選手は今節の相棒である1号機の立て直しに成功しており、機力的には戦える足になったのは事実。しかし記事にもある通りどうもスタート勘が冴えないのが大きな問題だ。

この10R準優、順当に考えればやはり3枠での登場ながら中島孝平選手が最も勝率が高そうだ。原田選手にも一発は考えられるが、基本的には中島選手中心で考える。

1着は完全に固定、2着にはインの渡辺選手、2枠の齋藤を加え、3着はそこに原田選手をプラスという形で良いだろう。5枠には池田浩二選手も登場だが、今節は1勝のみ、V争いは厳しそうだ。

11/7 常滑10R 当サイト予想
3連単フォーメーション
1着 3
2着 1、2
3着 1、2、4

当サイトの予想はあてにならない、他のレースの予想も欲しいという方は、この記事下部に表示されている予想サイトや、当サイトの優良競艇予想サイトのページから無料でも有料でも買い目を入手可能だ。

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「BOATSTAR」!

「勝てる競艇予想サイトここにあり。」がキャッチコピーの競艇予想サイトで、当サイトで紹介している中では新しめのサイトです。

このボートスターの有料情報は何度か参加していますが、特にオススメなのが最高峰情報である「セブンスター」です!某国産タバコと同じ名前ですが、7つ星の名に恥じない威力となっています!

今回紹介するのは2021年5月3日、月曜に提供されたプラン「セブンスター」の的中買い目となります。

前述の通りセブンスターはボートスターの有料情報の中でも特に強力なもので、かなり競争率が高く参加もなかなか難しかったりします。

この日は運良く参加に成功、2レースコロガシの買い目を貰う事ができました。

↓実際の買い目画面がこちらになります↓

BOATSTAR買い目

この時はびわこの一般戦から下関の一般戦へのコロガシで、レース間にも時間的余裕がありました。

提供点数は2レース共に6点、1レース目への投資額は合計で15,000円、コロガシ先2レース目への投資は1レース目配当を均等投資するように指示されていました。

この1レース目のびわこ8Rでは1枠メインの的中重視スタイルからの3連単1-3-4での的中となりました。的中買い目への投資額は3,000円、的中倍率は15.2倍でしたので45,600円の獲得です。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

コロガシ先の2レース目である下関1Rでは3連単1-3-5で的中となります。3着に5枠の選手が入った事で高め決着、倍率は83.9倍になりました。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

1レース目の配当を6点に均等投資で1点あたり7,600円ですので、倍率57という事で最終的な配当は637,640円となりました。

セブンスターコースは大体50万円台の配当となる事が多いので、60万円突破はなかなか良い結果だったと言えるでしょう。

BOATSTARで厳選予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

口コミの入力は終了しました。