【G1京極賞】中島孝平「まずは乗ってから」SG覇者の余裕

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日5/31よりボートレースまるがめで開催されたG1京極賞のニュースをピックアップする。今回の京極賞では香川の地元レーサー対遠征組という図式が注目を浴びている。先日も紹介した峰竜太選手だけでなく、SGオールスターを制した中島孝平選手も遠征組として参戦している。こちらのニュースは30日の前検日での様子だ。

<丸亀ボート:京極賞>◇G1◇前検日◇30日

直近のSGオールスターを制した中島孝平(38=福井)が勇躍参戦だ。7年半ぶりのSG制覇に「あのレースで勝たなければ、もう一生SGは勝てなかったでしょうね。今は解放感でいっぱいです」と満面の笑みを浮かべた。今回引いた複勝率26・6%の22号機にも「ターン回りが物足りないけど、直線は悪くなかった。まずは初日乗ってみてからですね」と慌てず、騒がずの構え。心に余裕を持って上積みを図り、初日8Rに臨む。

このように、モーターの引きは今ひとつだったようだ。初日である本日8Rで乗ってみてから調整を考えるとの事だ。初日8Rでは2枠。モーター連帯率では6艇中ワーストという事でモーターでは圧倒的に不利だが、現在のオッズでは1番人気。流石は直近のSG優勝者の人気と言ったところだろうか。モーターの不利を覆し、人気に応える事は出来るだろうか。中島孝平選手が出場するG1京極賞初日8Rの場外締め切り時間は18:19。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201805300000796.html

[PR]

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「BOATSTAR」!

「勝てる競艇予想サイトここにあり。」がキャッチコピーの競艇予想サイトで、当サイトで紹介している中では新しめのサイトです。

このボートスターの有料情報は何度か参加していますが、特にオススメなのが最高峰情報である「セブンスター」です!某国産タバコと同じ名前ですが、7つ星の名に恥じない威力となっています!

今回紹介するのは2021年5月3日、月曜に提供されたプラン「セブンスター」の的中買い目となります。

前述の通りセブンスターはボートスターの有料情報の中でも特に強力なもので、かなり競争率が高く参加もなかなか難しかったりします。

この日は運良く参加に成功、2レースコロガシの買い目を貰う事ができました。

↓実際の買い目画面がこちらになります↓

BOATSTAR買い目

この時はびわこの一般戦から下関の一般戦へのコロガシで、レース間にも時間的余裕がありました。

提供点数は2レース共に6点、1レース目への投資額は合計で15,000円、コロガシ先2レース目への投資は1レース目配当を均等投資するように指示されていました。

この1レース目のびわこ8Rでは1枠メインの的中重視スタイルからの3連単1-3-4での的中となりました。的中買い目への投資額は3,000円、的中倍率は15.2倍でしたので45,600円の獲得です。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

コロガシ先の2レース目である下関1Rでは3連単1-3-5で的中となります。3着に5枠の選手が入った事で高め決着、倍率は83.9倍になりました。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

1レース目の配当を6点に均等投資で1点あたり7,600円ですので、倍率57という事で最終的な配当は637,640円となりました。

セブンスターコースは大体50万円台の配当となる事が多いので、60万円突破はなかなか良い結果だったと言えるでしょう。

BOATSTARで厳選予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

口コミの入力は終了しました。