豪雨の影響で西日本のボートレースの中止、順延が相次ぐ

ここ数日の記録的な豪雨により様々な被害が起きており、死者も出ているがこの影響は当然ボートレースも他人事ではなく、各地の競艇場で中止や順延が相次いだ。この豪雨はまだ続くようで、最大級の警戒が呼びかけられている。大雨特別警報が出ている地域の方は、くれぐれも水害を甘く見る事無く準備、警戒して頂きたい。

7日に開催予定だった芦屋ボート最終日は、水面不良のため午前10時20分まで1Rの展示航走を伸ばしたが、改善がみられないことで、中止打ち切りとなった。

<尼崎ボート:ヴィーナスシリーズ>◇前検日◇7日

大雨の影響で西日本地域で交通機関がまひしたまま。初日12Rの記者選抜組の津田裕絵(31=山口)や竹井奈美(28=福岡)を含む14人が到着しなかった。

このため中村かなえ(24=東京)、山下夏鈴(20=三重)、計盛光(24=大阪)の3人を追加。急きょ参戦となった3人の到着を待たず、33人で午後1時30分にスタート練習が開始された。なお、到着しなかった14人については2日目以降、到着した選手のみ賞典除外にならず、予選から参加できる異例の処置となった。

<福岡ボート>◇前検日◇7日

福岡ボートは、8日に予定していた初日の中止を発表した。順延はせずに、1日短縮しての3日間での開催。9日が初日で、優勝戦は予定通り11日に行われる。

大雨の影響で西日本の交通網がまひした。前検日の7日、午後3時までに28選手しか集まらず、残りの15選手が到着できず中止が決定した。

まずは芦屋。大雨による水面上昇により大時計の視認が難しいと判断され、中止打ち切り。

尼崎のヴィーナスシリーズは交通機関の麻痺の影響で到着出来ない選手が多数だったため、急遽人数を追加したり到着できた選手は予選から参加出来るようにするなど、異例の措置を取ったようだ。

福岡では明日のレースを完全に中止し、短縮開催となった。予定では9日から初日開催という事だが、9日に状況が改善されているかどうかは不透明と言えるだろう。

注意報へと切り替わった場所もあるが、まだ警報のままの地域も多く、さらなる重大な災害が発生するおそれも。また広い範囲で8日にかけて激しい雨が断続的に降る見込みとなっており、当該地域の皆様は最大級の警戒を。

引用元:http://www.nikkansports.com/public_race/boat/

[PR]
予想ライブ

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「JACKPOT」!

「稼げなければ意味がない」がキャッチコピーのこの競艇予想サイトは「勝つ」「稼ぐ」ことに特化した競艇予想サイトで、その自信を裏付けるような的中を日々連発しています。

今回紹介するのは2020年5月5日、火曜の祝日に提供されたプラン「GOLD」の的中買い目となる。

この日のGOLDで提供されたのはボートレース浜名湖で行われていた浜松市長杯争奪戦やらまいかカップの5日目6Rからボートレース鳴門で開催されていたトランスワードトロフィー2020の2日目7Rへのコロガシ舟券である。

下の画像が実際に提供された買い目の画面のキャプチャである。

JACKPOT買い目

JACKPOTの予想の特徴の一つはこの買い目の点数である。他のサイトでは1レース目と2レース目の点数が同じになっている事が多いのだが、JACKPOTではこのように不必要な買い目は極力押さえずに済むようになっている。

まず1レース目の浜名湖6Rでは2枠の金子良昭選手を軸とした4点の買い目で総投資額は15,000円となっている。

ここでは3連単2-3-6が的中となり、その倍率は43.6倍。的中買い目への投資額は3,500円だったのでまずは‭152,600‬円を獲得する事になった。

実際の結果はこちらで確認して欲しい。

コロガシの1レース目の配当としてはかなり大きく、2レース目での大爆発を予感させるには十分な金額だ。

この152,600円を全てコロガシ先である2レース目の鳴門7Rに別途。5点の均等投資での勝負となっている。

ここは手堅く1枠の幸本誠選手を軸とした買い目で3連単1-2-6が的中。その倍率は41.1倍となった。

実際の結果はこちらで確認して欲しい。

的中買い目への投資額は1レース目の配当の20%ということで端数切捨て35,500円。倍率41.1倍という事で最終的な配当は帯封達成の‭1,253,550‬円となった。

GOLDはJACKPOTでも上位のプランという事で、参加に必要なポイントもそれなりに高額だがその額に見合うだけの結果をもたらしてくれた。

JACKPOTで無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。