予想付きコラム【SG グランプリ/グランプリS】エース機の白井英治「足はいいっすね」/住之江

(C)2018,Nikkan Sports News.

(C)2018,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースはもちろん、ついに、ついに今年もやってきたSGグランプリからだ。ボートレース住之江で明日から開催となるSG・第33回グランプリ/グランプリS。前検日となった今日、ニュースに載った男は住之江のエース機、11号機を引き当てた2018年獲得賞金ランキング3位、白井英治選手だ。トライアル2ndからの登場となるため、明日の初日の予想は別なレース、それもトライアル1stからピックアップ予定だ。

さて、11号機が持つ複勝率57.5%、勝率6.82というのはどちらもトップの数字であり、まさに住之江のエース機。それを引き当てたのが白井英治。何かが起こりそうな予感がする。

<住之江ボート:グランプリ>◇SG◇前検日◇18日

複勝率57・5%、勝率6・82ともにトップの数字を誇るエース11号機は、トライアル2ndから登場する白井英治(42=山口)が引き当てた。

「前評判が高かったから数字は知ってた。いい番号だね。全選手そうじゃない?」。1並びの縁起番号に思わず笑みもこぼれた。特訓も機歴の片りんがあった。「足はいいっすね。曲がれるかどうか。昨年はそこが散々だったから」と気を引き締めた。

「11号機」という1が並んでいる、というのも縁起が良いとの事で白井選手は笑みを見せた。実際の感触でも足の良さには太鼓判と言ったところだろうか。曲がれるかどうか、というのは昨年の12号機の曲がらなさに大層苦心したためのようだ。トライアル2ndからの登場となるため実際のレースを見られるまではまだ少し間があるが、そのエース機と白井英治の組み合わせを目にするのを楽しみに待ちたい。

SGグランプリ/グランプリSは明日2018年12月19日(水)、ボートレース住之江で開催となる。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201812180000484.html

SG グランプリ 初日 12R トライアル1予想

本日提供する予想はもちろんSGグランプリから。ニュースコラムで記事を取り上げた白井英治選手はトライアル2からのため明日は出場無し、という事で明日の予想は昨年のグランプリ優勝者である桐生順平選手が登場する初日12Rのトライアル1より提供する。昨年の覇者は今年の獲得賞金ランキングは11位と奮わなかったものの、勝率8.28、2連対率62.61%は流石の一言だ。モーター数値的にはメンバーの中では平均的であり取り立てて高くも低くもない。

公式のコンピューター予想では桐生選手を完全に軸としているが、このメンバーでは当然何があってもおかしくない。1枠ならともあれ3枠、あまり桐生選手に拘らずある程度分散させた方が無難かもしれない。まあ、本命である事には変わりないのだが。

相手としては当然1枠の吉川選手は押さえるが正直外せるような選手も居ないため、買い目3つ分ではなかなかカバーしきれないところだが、意を決して舟券を組み立てる。

12/19住之江12R当サイト予想
1=2
=3
1=3=5
2=4=5

当サイトの予想はあてにならない、ちゃんとした3連単の予想が欲しい、他のレースの予想も欲しいという方は、この記事下部に表示されている予想サイトや、当サイトの優良競艇予想サイトのページから無料でも有料でも買い目を入手可能だ。

[PR]

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「舟遊記」!

以前にもイチオシサイトとして紹介していた事もある舟遊記ですが、自分の中ではかなりレギュラーメンバーとして利用しているサイトという事で再びイチオシとさせて頂きます!

今回紹介するのは2020年8月10日、月曜の祝日に提供されたプラン「金角」の的中買い目となる。

舟遊記は西遊記がモチーフとなっている競艇予想サイトで、用意されている有料キャンペーンの名前はこの西遊記に登場するキャラクターとなっています。

銀角といえば、金角という兄もいる妖怪で、いわゆる敵キャラですね。銀角コースは中級コースと言われている価格帯のコースの一つで、手軽な値段で参加出来るにも関わらず大きく一発の配当を狙えるコロガシコースとなっています。

この日提供されたのはボートレースびわこで開催されていた一般戦、滋賀県知事杯争奪第25回びわこカップの3日目7Rからボートレース若松で開催されていたナイター一般戦、日刊スポーツ杯お盆特選競走の初日1Rにかけてのコロガシ舟券となっていました。

↓実際の買い目画面がこちらになります↓

舟遊記買い目

点数は6点→4点とかなり絞られているのが見て分かると思います。1レース目への投資額は15,000円となっており、バランス良く投資されています。

コロガシ先では4点の均等投資とする事で、1点あたりの投資額大きくする狙いがあるのかもしれません。単純に、4点で十分当たるという判断かもしれませんが。

1レース目のびわこ7Rでは3連単4-2-6での的中、投資額が2,500円、倍率が30.8倍という事でまずは77,000円の獲得です。2レース目の資金としては十分でしょう。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

コロガシ先の2レース目である若松1Rでは3連単4-1-3で的中となります。4枠の原田選手が快勝しまさに読み通りの的中でした。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

1レース目の配当を4点に均等投資という事で1点あたりの投資額は19,200円、倍率は24.7倍という事で最終的な配当は474,200円となりました。

驚くほどの高額配当!というほどではありませんが、参加費用の安さを考えるとそのコスパは十分に高いと断言して良いでしょう。

舟遊記で無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする