予想付きコラム【SG ボートレースクラシック】SGで異例の大フライングが発生して、1億円余を返還

c デイリースポーツ

これはひどい c デイリースポーツ

これはひどい。本日ピックアップするニュースはボートレース戸田で開催中のSGボートレースクラシックより。

記事に取り上げられているのは予選最終日となった今日4日目の5R予選で発生した3艇による大フライングについてだ。

SGでやってしまうのも問題だが更に問題なのはその「非常識」っぷり。中谷朋子選手、濱野谷憲吾選手、前本泰和選手の3艇が揃ってフライング。

前本選手は.04のフライング、濱野谷選手はなんと.07の大フライング、仲谷選手に至っては.10という大大フライングとなり、仲谷選手と濱野谷選手は非常識なフライングにより即日帰郷、前本選手は賞典除外となった。

 「ボートレースクラシック・SG」(19日、戸田)

今年最初のSGレースで、大フライングが発生した。開催4日目の第5R、インの中谷朋子、2コースの浜野谷憲吾、3コースの前本泰和の3艇がフライング。中谷はコンマ10と、SGでは珍しい記録的な大フライング。浜野谷もコンマ07で、この2人は“非常識なF”により即日帰郷。前本はコンマ04で賞典レース除外となった。

さらに、レースは正常なスタートを決めた関浩哉、長嶋万記、山田康二により争われたが、2周2Mでは関が大きく外へ膨れて岸壁に衝突。落水失格となり、ゴールした選手は1着の長嶋と、2着の山田のみ。3連単、3連複、拡連複が不成立で、1億68万7900円の売り上げの99・4%にあたる1億9万3500円が返還となった。

なお、このフライングにより浜野谷はSG・グランドチャンピオン(6月18~23日・多摩川)に出場できなくなった。

引用元:デイリースポーツ

それだけでも大問題だがフライングを切らなかった3艇で行われたレースも関浩哉選手が2周目2Mで何故か大きく外に膨らみ外壁に激突、転覆してしまうというハプニングのオマケ付き。もうグッダグダであった。

当然舟券がどうこうという問題ではなく、3連単/複は不成立。売り上げの99.4%が返還になったというのだから、これはもうフライングの3選手はかなり壮絶な怒られが発生したに違いない。

SGレースとは思えないトンデモな出来事だったが、気を取り直して明日の準優戦、明後日の優勝戦を楽しみにしたい。

引用元:https://www.daily.co.jp/horse/2019/03/19/0012160703.shtml

SG ボートレースクラシック 5日目 12R 準優戦予想

本日提供する予想はコラムに取り上げた大フライング騒動はさておき、5日目12Rの準優戦よりとなる。

12Rのメンバーは白井英治、井口佳典、桐生順平、平尾崇典、馬場貴也、峰竜太となっておりなんだこれ優勝戦か?と思ってしまうような超豪華メンバー。この中から2名しか優出出来ないのが競艇の厳しい所だ。

これはもう正直誰が勝ってもおかしくないので、逆に予想は困難を極める。やはり予選トップ通過の白井選手多めというのが無難だろうか…?峰選手は意地の予選突破という感じなので、ここで6枠からの優出は厳しいか。

実力伯仲ゆえにセオリー通りの1=2=3をとりあえず押さえ、なるべく広めの買い方をする。

3/20戸田12R当サイト予想
1=2=3
1=4=5
2=3=6

当サイトの予想はあてにならない、ちゃんとした3連単の予想が欲しい、
他のレースの予想も欲しいという方は、この記事下部に表示されている予想サイトや、
当サイトの優良競艇予想サイトのページから無料でも有料でも買い目を入手可能だ。

[PR]
競艇革命V-MAX

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「舟遊記」!

以前にもイチオシサイトとして紹介していた事もある舟遊記ですが、自分の中ではかなりレギュラーメンバーとして利用しているサイトという事で再びイチオシとさせて頂きます!

今回紹介するのは2020年8月10日、月曜の祝日に提供されたプラン「金角」の的中買い目となる。

舟遊記は西遊記がモチーフとなっている競艇予想サイトで、用意されている有料キャンペーンの名前はこの西遊記に登場するキャラクターとなっています。

銀角といえば、金角という兄もいる妖怪で、いわゆる敵キャラですね。銀角コースは中級コースと言われている価格帯のコースの一つで、手軽な値段で参加出来るにも関わらず大きく一発の配当を狙えるコロガシコースとなっています。

この日提供されたのはボートレースびわこで開催されていた一般戦、滋賀県知事杯争奪第25回びわこカップの3日目7Rからボートレース若松で開催されていたナイター一般戦、日刊スポーツ杯お盆特選競走の初日1Rにかけてのコロガシ舟券となっていました。

↓実際の買い目画面がこちらになります↓

舟遊記買い目

点数は6点→4点とかなり絞られているのが見て分かると思います。1レース目への投資額は15,000円となっており、バランス良く投資されています。

コロガシ先では4点の均等投資とする事で、1点あたりの投資額大きくする狙いがあるのかもしれません。単純に、4点で十分当たるという判断かもしれませんが。

1レース目のびわこ7Rでは3連単4-2-6での的中、投資額が2,500円、倍率が30.8倍という事でまずは77,000円の獲得です。2レース目の資金としては十分でしょう。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

コロガシ先の2レース目である若松1Rでは3連単4-1-3で的中となります。4枠の原田選手が快勝しまさに読み通りの的中でした。

実際のレース結果はこちらから確認できます。

1レース目の配当を4点に均等投資という事で1点あたりの投資額は19,200円、倍率は24.7倍という事で最終的な配当は474,200円となりました。

驚くほどの高額配当!というほどではありませんが、参加費用の安さを考えるとそのコスパは十分に高いと断言して良いでしょう。

舟遊記で無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。