予想付きコラム【一般 東京中日スポーツ賞】井口佳典「ターンしづらかった」操縦性不満/多摩川|日刊スポーツ

(C)2019,Nikkan Sports News.

(C)2019,Nikkan Sports News.

本日ピックアップするニュースは明日からボートレース多摩川で開催となる一般戦、東京中日スポーツ賞より。

記事に取り上げられているのはSG6冠、三重支部のエース井口佳典選手だ。今節ではその井口選手を筆頭にA1級9人が参戦となる。

今節は一般戦ながらダブルドリーム戦となるが、井口選手は初日のメインである多摩川ドリーム戦に1枠で登場する。

今節はSG6冠の井口佳典(42=三重)を筆頭に、A1級が9人と大挙参戦。一般戦では珍しく、ダブルドリーム戦が行われる。その井口が初日12Rの1号艇で登場。コンビを組む69号機は、前回上平真二が優出2着とした。複勝率は30・6%しかないが、それ以上の評価だ。

「下がったりはしないけど、乗りにくくて、ターンがしづらかった。多摩川はいつも乗りにくいイメージ」と操縦性に不満。レース本番までには、しっかり合わせていきたい。

日刊スポーツ

その井口選手が今日の前検で引いたエンジンは69号機。複勝率は30.67と取り立てて高い訳ではないものの、記事の通り前回は優出2着となかなかのパワーを秘めていそうな気配だ。

この69号機について井口選手は足よりも乗りやすさに不満を覚えている模様で、まずは乗り心地の調整からと言った所のようだ。

多摩川自体がそもそも乗りにくいイメージという事で、水面との相性もありそう。実際、全国勝率よりも多摩川の勝率はやや低い井口選手、初日の2走をしっかりと勝ちきれるかに注目だ。

引用元:https://www.nikkansports.com/public_race/news/202002030000544.html

一般 東京中日スポーツ賞 初日 12R ドリーム戦予想

本日提供する予想は記事に取り上げた井口佳典選手が登場する初日の2走のうち、後半の12R多摩川ドリーム戦より。

インで登場の井口選手、相棒の69号機に対しては乗り心地で不満を覚えているとはいえ、やはり本命と見て差し支えは無い。

対抗は素直に2枠の矢後選手という事で良さそうだ。エンジンの複勝率も悪くなく、無難な選択となりそうだ。

アウト2艇については勝率や機力の観点からやや微妙か。ここは1枠~4枠の的中重視の組み立てとする事にした。

2/4 多摩川 12R当サイト予想
3連単フォーメーション
1着 1、2
2着 1、2、4
3着 1、2、3、4

当サイトの予想はあてにならない、他のレースの予想も欲しいという方は、この記事下部に表示されている予想サイトや、当サイトの優良競艇予想サイトのページから無料でも有料でも買い目を入手可能だ。

現在のイチオシ競艇予想サイト

現在のイチオシサイトは「セカンドライフ」!

このセカンドライフは毎週月、木、金、土、日に情報を提供しており、一日に昼、夕、夜とそれぞれ3回ずつ予想が見られる事が最大の特徴となっている。

無料情報も強力な同サイトだが、今回紹介するのは有料情報「人生安泰・富豪プラン」からとなる。

 

下の画像は2020年2月8日の土曜日に提供された「人生安泰・富豪プラン」の実際の買い目画面となる。

人生安泰・富豪プランは2レースのコロガシを行うプランで、コロガシ成功で目標金額である150万円~200万円を目指すコースとなっている

セカンドライフ買い目

 

こちらが実際の買い目画面となる。堅い情報には大きめに投資、倍率の高くなりそうな買い目には抑え気味と実にバランスの良い投資スタイルだ。

実際の的中は

津3R 3連単1-2-3(外部サイトで確認)→津5R 3連単1-3-5(外部サイトで確認)

となっている。

1レース目の3Rではセオリー通りの3連単1-2-3での的中となり倍率も15.5倍と大きくは無いものの投資額のバランスによりまずは124,000円を獲得。

その配当額を2レース目である5Rに分配投資。2レース目も手堅いながらもその投資バランス良さが再び発揮され最終的にはコロガシ配当1,145,760円を獲得した。

プランの目標金額には届いていないものの、しっかりと帯封付きレベルの配当を獲得しており、やはりセカンドライフのコロガシプランは強力の一言に尽きる、と改めて実感させられた格好だ。

セカンドライフで無料予想をゲット!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。